会社運営で求められる厳密な金銭管理

フリーランスの立場で働いている方の中には、少なからず法人化に興味を持っている方もいるでしょう。会社設立により得られるメリットは魅力的です。
例えば、納める税金を節約出来るというのは、注目出来るメリットです。経費に含められる範囲が広がるため、節税に効果があります。また、組織であれば、人材が必要な際に人手が集めやすいのもメリットです。

しかし会社設立は、必ずしもメリットばかりとは限りません。デメリットの面にも目を向ける必要があります。会社を設立した場合、お金の管理はさらに厳しくなります。フリーランス時代には、プライベートと仕事のお金は曖昧な場合もあるかもしれませんが、会社を設立し、仕事をするなら個人と会社のお金は厳密に分けなければなりません。例えば、会社名義の口座から、個人の利用目的のためお金を引き出す事は出来ません。この場合、会社から個人的に資金を借り入れる形にするなど、なんらかの手続きを行う必要があります。
フリーランスだった頃の金銭感覚を会社の設立後にも改められていないと、本人が自覚しないうちに大きな金銭トラブルへと発展しかねません。このような事情があるので、会社を立ち上げて会社の経営者になる以上は、お金の扱い方を厳密に行うよう日頃から心掛けなければならないでしょう。
もし、会社の設立に伴うこのデメリットが合わないと感じるなら、会社設立は見送るのも一つの方法ではあります。会社運営で扱うお金はどのように管理すればいいのか、経営者本人が改めて知識やノウハウを身につける準備も大切なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です